【決闘罪】デュエルしようぜ!デュエルした結果 → 13人を決闘容疑で福岡地検に書類送検した。

決闘容疑



人を決闘容疑で福岡地検に書類送検した。13人は事件当時、四つの学校に通う中学3年生で、全員容疑を認めているという。

送検容疑は、福岡市のアルバイトの少年と福岡県粕屋郡の男子高校生(15)がLINEのメッセージ機能などを使って「出てこいよ」「大濠でやろう」などと
決闘を約束。2013年11月16日午後3時15分ごろ~同4時35分ごろ、同市中央区の舞鶴公園などで2人の同級生ら12人が決闘し、1人が立ち会った
としている。12人のうち1人が小指骨折の重傷で、他の11人は軽傷だった。


http://mainichi.jp/select/news/20140724k0000e040208000c.html

決闘罪の内容

○決闘を挑んだ者、応挑した者: 6月以上2年以下の懲役
○決闘を行った者: 2年以上5年以下の懲役
○決闘によって人を殺傷した者: 刑法の殺人の罪、傷害の罪の規定を適用
○決闘立会人、立会を約束した者、及び事情を知って場所を貸与、提供した者:1年以下の懲役
○決闘に応じないという理由で人を誹謗した者:刑法の名誉毀損罪を適用


※一般に決闘は、サシ(タイマン)かつ同じ条件で闘い、相手を倒す(殺す)ことで決着するものだが、この法律で言う決闘は、人数や武器、当事者に殺人の意思があるかないかは要件上、問題にしていない。






【ウクライナの決闘w】




理解不能。









流石は修羅の国。気合はいってますね。今回はLINEに証拠があり見物人も沢山いたのできっちり取り締まることが出来たようですね。





 なお、ケンカの売った買ったはプロレスでは日常だが、プロレスや格闘技興行は業務であり、刑法35条(正当行為)の規定で違法性が阻却されるので一応補足する。こういう人たちがガチで挑戦状叩きつけて、それこそ近所の公園とか河川敷で血みどろになって殴り合っていたら、警察に通報して下さい。

 殺意を要件にしていないため、「決闘によって人を殺傷した者は、刑法の本条の規定に照らして処断する」という規定(3条、下記参照)は重要ですね。つまり、その殺意があったかなかったかで、殺人か傷害致死か、殺人未遂か傷害か、適用される刑法本条が変わります。

 また、刑法は、人の同意を得て殺す行為(同意殺人)を通常の殺人より軽い犯罪としているが(刑法202条)、決闘で人を殺すと、相手が殺すことに同意していても殺人罪の規定が適用されてしまう点に注意が必要である。

紛らわしいので、現実世界では「おい、デュエルしようぜ!」とか軽々しい発言をしないよう注意を喚起したい。
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。