【芸能】氷室京介、胸を骨折…雷雨でライヴ中断「このリベンジをどこかで必ず」 BOOWY

氷室京介

1: Ψ 2014/07/20(日) 22:48:08.00 ID:EDbs2ajQ0

 両耳の聴力悪化のため、ライブ活動の無期限休止を発表したロック歌手の氷室京介(53)が20日、38都市50公演計20万人を動員した全国ツアー『KYOSUKE HIMURO 25th Anniversary TOUR GREATEST NTHOLOGY -NAKED- FINAL DESTINATION』の最終公演を横浜スタジアムで迎えた。球場付近に落雷があり、約1時間中断したのち、前日のリハーサルで胸を骨折していたことを明かし、「命がけで」ソロデビュー曲「ANGEL」を歌唱後、「このリベンジをどこかで必ず、約束します」とステージを去った。

布袋寅泰、氷室とのラスト共演懇願「隣りでギター弾かせてほしい」


http://www.47news.jp/topics/entertainment/oricon/music/149964.html



 全50公演のファイナルは、1時間10分遅れの午後6時10分に幕を開けた。地鳴りのようなスタンディングオベーションで出迎えられた氷室は、パワフルにこぶしを突き上げると「ようこそ、横浜ベイビー!」と思いの丈を込めて絶叫。会場からほど近い横浜港で打ち上げられた3000発の花火と激しい稲光がフラッシュするなか、スタジアム付近で落雷があり、午後8時15分、アンコール2曲目でやむなく中断された。

 氷室はライブ中、前日のリハーサルで雨に濡れたステージで滑り、胸を打撲したことを明かしていたが、約1時間の中断後に再登場すると「きのう、レントゲンを撮ってもらって、骨が折れてるって言われて…」と告白。
「何百回も歌ってきたけど、命がけで歌いたいと思います」と紹介し「ANGEL」を熱唱した。

 土砂降りの雨に打たれながら氷室コールに包まれたヒムロックは「きょうは本当に申し訳ない。プロとして。このリベンジをどこかで必ず、約束します」と誓い、「サンキュー」と客席に手を掲げ、深々と一礼し、ステージを後にした。

 88年7月のソロデビューから25周年を迎えた氷室の“ライブアーティスト”として集大成ともいえるライブでは、
「あの時期にしか書けなかったお気に入りの曲」と紹介した「DEAR ALGERNON」(88年)、事務所を独立した転機のときに作ったという「魂を抱いてくれ」(95年)といった代表曲を、時折左耳のイヤーモニターを押さえながら熱唱した。



2: Ψ 2014/07/20(日) 22:50:37.39 ID:x+NsvInj0

ヒムロック(涙)老体なんだね(笑)


11: Ψ 2014/07/20(日) 23:25:32.03 ID:yRtFZkYA0

>>2
仮にボウイ解散の時点で40歳だとしたら、今年で66歳ってことになるからな


5: Ψ 2014/07/20(日) 22:59:47.87 ID:GUu9c9690

ライブハウス武道館へようこそ!


6: Ψ 2014/07/20(日) 23:02:24.31 ID:HmmNkyBE0

氷室胸介


7: Ψ 2014/07/20(日) 23:07:41.41 ID:G2SKX4T00

ポールマッカートニー真っ青の詐欺ジャン


8: Ψ 2014/07/20(日) 23:09:12.63 ID:+/IwLss00

>「ようこそ、横浜ベイビー!」

クッソわろたwwwwww


9: Ψ 2014/07/20(日) 23:12:22.58 ID:VvC8jlP+0

こけて骨折はももくろの十八番だろ


12: Ψ 2014/07/20(日) 23:35:02.29 ID:/caeZK2e0

まだ53歳です


13: Ψ 2014/07/20(日) 23:40:45.58 ID:+K8yFkeQ0

おじいちゃん無理しないで
骨粗しょう症なんだから

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。