【映画】寄生獣ハリウッドが映画化を熱望した伝説的コミックが遂に!!

寄生獣
ハリウッドが映画化を熱望した伝説的コミックが二部作での完全実写映画化!











恐ろしく残酷な生物(パラサイト)が人間の脳を乗っ取るために体内の中に入ってきます。体を乗っ取られた人間はもはや人間ではなくなってしまいます。その残酷さ、残忍さもしあのコミックが現代の技術で撮影されるのなら15Rくらいの描写になるかもしれませんね!それでも見たい!!!


【公開日】

PART 01
   2014年11月29日

PART 02
   2015年未定

【ストーリー】

地球上の誰かがふと思った

『人間の数が半分になったら

いくつの森が焼かれずにすむだろうか・・・』

地球上の誰かがふと思った

『人間の数が100分の1になったら

たれ流される毒も100分の1になるだろうか・・・』

誰かがふと思った

『生物(みんな)の未来を守らねば・・・』

【キャスト】
 染谷将太
染谷将太
フィクションというものが自分は好きです。虚構をあたかも現実に変換するというのは映画ならではです。しかし、これが本当の現実にあったら恐ろしすぎる。
しかもいずれそんな日がやってくるのではなかろうか?そんな気がした『寄生獣』。ある種、これから自分は、寄生獣の世界を体感して来ます。そしてその世界
を、皆様にもスクリーンを通して体感してほしいです。


漫画の実写化というものはとても難しいものです。だけど、しっかりした骨組みが構築された漫画を描かせてもらえるとなると世界が広がります。なにが言いた
いかと申しますと『寄生獣』をおかりして映画表現をするということにとても安心感があります。はなから素晴らしい題材は、誠実に向き合えば向き合うほど、
素晴らしくなると思うのです。

ミギー、これから約4ヶ月間よろしくお願いしますね。



深津絵里
深津絵里
この作品に関わることができて、とても興奮しています。

と、同時に不安もいっぱいです。

原作があまりにもすばらしいので・・・

ですが、覚悟を決めて、監督・スタッフを信頼し、共演者のみなさんとともに、

この先待ち受けているであろう過酷な試練とその先に待っていて欲しい喜びに向かい、

原作に敬意を込めて、ひたすらがんばりたいと思います。



橋本愛
橋本愛
作品の中で目に見えるものを信じて生きれるように

心構えて取り組みたいです。

信頼している大好きなスタッフさんや共演者がいる

現場なので楽しんでいいものを作りたいです。



【動画関連?】





















関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。